FrontPage

開く/隠す

名古屋芸大 中河・小西両教授を支援する会

8月29日の愛知県労働委員会・第1回審問への傍聴支援をお願いします 9月3日第5回期日への傍聴支援をお願いします

両教授の不当懲戒解雇を許さない!

名古屋芸大 前代未聞の事態!

まともな名芸大を取り戻そう!

2018年9月3日予定

第5回期日 9月3日(月) 15時開始
場所:名古屋地方裁判所

2018年7月18日

第4回期日 7月18日(水) 11時30分開始
場所:名古屋地方裁判所

2018年6月6日

第3回期日 6月6日(水) 10時開始
場所:名古屋地方裁判所

2018年4月18日

第2回期日 4月18日(水)10時開始
今回も約80名の方に傍聴支援をしていただきました。法廷傍聴席は埋め尽くされました。報告集会へのご参加、ありがとうございました。

2018年2月19日

日時:2018年2月19日(月) 15時開始
場所:名古屋地方裁判所1101法廷 愛知県名古屋市中区三の丸1-4-1

約80名の方に傍聴支援をしていただきました。法廷に入れなかった方、申し訳ありませんでした。報告集会へのご参加、ありがとうございました。

2017年12月22日

地位確認等を求め、名古屋地裁に提訴しました。
詳細は後日ご案内します。

2017年12月15日

名古屋芸大中河・小西両教授を支援する会を結成しました。
2017年12月15日(金)100余名の支援者の参加、有難うございました!

皆様からのカンパも広く募集します!

支援する会 呼びかけ文

名古屋芸術大学の教育・研究環境の急変の中で、学校法人名古屋自由学院の理事会は、
突然、中河・小西両教授を懲戒解雇しました。理事会が挙げた解雇理由は全く不当で抽象的なものです。
今回の暴挙は、学問の自由、労働者の働く権利、学生の学ぶ権利への侵害であり、また、誰にでも起こりうることです。
両教授解雇撤回を支援し、私たちの権利を回復しましょう。

人を大切にしない現場

真の教育や研究が全うできるでしょうか?
大学は"物作り"の現場ではありません。
血の通った"人”を教え育む場所です。
ましてや芸術や教育に向き合う場所で企業のような"効率・営利主義"を翳して人を教え育むなんて出来るはずがありません。
大学の教育・研究をどう考えているのでしょうか?

「支援する会」代表

新村洋史(元中京女子大学教授、名古屋芸術大学名誉教授)

Copyright (C) 2017-2018 名古屋芸大 中河・小西両教授を支援する会 All Rights Reserved.

最終更新時間:2018年08月07日 10時30分28秒
NOT LOGIN: -

管理
トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン